山嶺(読み)さんれい

精選版 日本国語大辞典「山嶺」の解説

さん‐れい【山嶺】

〘名〙 山の頂上のとがったところ。山の山峰。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※明六雑誌‐四号(1874)人民の自由と土地の気候とに相関するの論〈箕作麟祥〉「山の南より北に趨くに従ひ次第に低くして北風を遮きることなきとに因るなり」 〔宋書‐鮮卑吐谷渾伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「山嶺」の解説

さん‐れい【山×嶺】

山のみね。山峰。
[類語]頂上山頂山巓天頂てっぺん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「山嶺」の解説

【山嶺】さんれい

山のみね。潘岳〔河陽県の作〕 川氣は山嶺を(をか)し 湍は巖阿(がんあ)に激す

字通「山」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android