コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多胡真清 たご さねきよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多胡真清 たご-さねきよ

1581-1642 織豊-江戸時代前期の武士。
天正(てんしょう)9年生まれ。石見(いわみ)(島根県)津和野藩家老。因幡(いなば)(鳥取県)鹿野(しかの)藩主亀井茲矩(これのり)の養子となり,亀井主水(もんど),橘真房を名のる。のち多胡とあらため,津和野藩主亀井政矩(まさのり)につかえる。寛永12年多胡勘解由(かげゆ)らとの抗争にかち,藩政を確立。寛永19年7月2日死去。62歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

多胡真清の関連キーワード多胡真蔭多胡真益

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android