コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多良間の豊年祭

デジタル大辞泉プラスの解説

多良間の豊年祭

沖縄県の多良間島に伝わる民俗行事。毎年旧暦の8月に行われる五穀豊穣を祈願する祭で、「八月踊」ともいう。人頭税を無事に納め終えたことを祝い、翌年の豊作を祈願したのが起源とされる。獅子舞、棒踊、シニツキ踊、狂言などの民俗芸能のほか、明治期に島に流入した組踊や古典舞踊も披露される。1976年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

多良間の豊年祭の関連キーワード多良間村ふるさと民俗学習館沖縄県宮古郡多良間村多良間村沖縄県

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多良間の豊年祭の関連情報