コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多良間の豊年祭

1件 の用語解説(多良間の豊年祭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

多良間の豊年祭

沖縄県の多良間島に伝わる民俗行事。毎年旧暦の8月に行われる五穀豊穣を祈願する祭で、「八月踊」ともいう。人頭税を無事に納め終えたことを祝い、翌年の豊作を祈願したのが起源とされる。獅子舞、棒踊、シニツキ踊、狂言などの民俗芸能のほか、明治期に島に流入した組踊や古典舞踊も披露される。1976年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多良間の豊年祭の関連キーワード多良間島多良間空港多良間港水納港多良間村ふるさと民俗学習館沖縄県宮古郡多良間村塩川沖縄県宮古郡多良間村沖縄県宮古郡多良間村仲筋沖縄県宮古郡沖縄県宮古郡多良間村水納

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

多良間の豊年祭の関連情報