コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八月踊 はちがつおどり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八月踊
はちがつおどり

旧暦8月 15日を中心にして旧8月の節句に鹿児島県大隅半島,薩南諸島,沖縄などで踊られる豊年踊一種五穀の収穫を感謝して新穀を神に捧げ,村人がこぞって参加する。奄美では,おぼこり歌で道行をし,男は素手,女は太鼓を手に持って打ち,輪になって歌を掛合いながら踊る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

八月踊【はちがつおどり】

主に南九州から琉球諸島に数多くみられる民俗芸能で,主として旧暦8月に踊られる。鹿児島県大隅半島中北部の肝属(きもつき)川・串良(くしら)川流域を中心とする集団円陣舞踊,鹿児島県奄美群島の大島・加計呂麻(かけろま)島を中心とする地域の集団円陣舞踊,沖縄県宮古郡多良間(たらま)島の豊年祭芸能としての八月踊が特に名高いが,これら相互の直接的な関連はない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

八月踊

鹿児島県奄美地方、沖縄地方に伝わる盆踊。旧暦8月に行われる「新節(あらせつ)」「柴挿し」「ドンガ(嫩芽)」といった一連の農耕予祝の祭祀の中で舞われる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はちがつおどり【八月踊】

民俗芸能。鹿児島県大隅半島各地,奄美大島喜界島,加計呂麻(かけろま)島などの薩南諸島,沖縄県の島々に分布し,主として旧暦8月に踊られることからこの名称がある。収穫感謝の踊りとするところが多いが,それぞれに内容が異なる。一種の豊年踊である。鹿児島県肝属(きもつき)郡高山(こうやま)町の八月踊は,藺笠(いがさ)をかぶった男組とお高祖(こそ)頭巾をつけた女組が,太鼓,三味線,胡弓拍子木などの囃子で《思案橋》《五尺》《花江まんじょ》などを踊る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八月踊
はちがつおどり

鹿児島県の大隅(おおすみ)半島、薩南(さつなん)諸島、沖縄県の沖縄本島、宮古(みやこ)列島の多良間(たらま)島などで旧暦8月の収穫祭に踊られる踊り。しかし、これら所々の踊りは脈絡するところは少ないとみられている。大隅半島では8月中旬に踊る所が多い。肝属(きもつき)郡肝付(きもつき)町旧高山(こうやま)町地区は18日で、夕刻に水神祭を執行し、そののち青年男女を中心に八月踊を踊る。おおむね男は紋付羽織に芯笠(しんがさ)(藺(い)笠)、女は裾(すそ)模様の着付にお高祖頭巾(こそずきん)で、歌に太鼓、三味線、胡弓(こきゅう)の伴奏入りで櫓(やぐら)の周りを夜を徹して踊る。奄美(あまみ)では三八月(みはちがつ)(新節(あらせつ)、柴挿(しばさし)、嫩芽(どんが))や十五夜祭に踊る。一部の人が手に太鼓を持ち、男組と女組が一つ輪の中で歌を掛け合いながら踊る。沖縄本島では旧8月15日を中心に催す土地の村遊び(豊年祭)を八月踊とよぶことがある。国の重要無形民俗文化財に指定されている多良間島の八月踊は古くは八月御願といい、いまは豊年祭ともいっているが、3日間にわたって踊り、組踊、獅子舞(ししまい)など60、70演目を尽くす。[西角井正大]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の八月踊の言及

【多良間島】より

…農業を主とし,サトウキビ作を中心にタバコ,カボチャなどが栽培される。八月踊ともよばれる旧暦8月に行われる豊作祈願の民俗芸能,豊年祭は,国の重要民俗文化財。那覇から定期航空路があり,2時間半で通じる。…

※「八月踊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八月踊の関連キーワード多良間村ふるさと民俗学習館沖縄県宮古郡多良間村蛇皮線(サンシン)アラセツ[秋名]ひらせまんかい多良間の豊年祭太鼓(チヂン)多良間(村)沖縄文学アラセツ沖縄芸能多良間島プール

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android