コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜と霧 よるときり

世界大百科事典 第2版の解説

よるときり【夜と霧】

V.E.フランクルが自分自身の体験をもとに書いたナチスの強制収容所の記録で,ドイツ語の原題は《Ein Psycholog erlebt das Konzentrationslager》。第2次大戦後の1947年に刊行されて人々の感動を呼んだ。ユダヤ人であった彼はナチス・ドイツの手で悪評高いアウシュビッツ(厳密には,その支所)に収容されたが,その時のなまなましい体験を速記の記号でひそかに小さな紙片に書き残し,解放後これらを本書のような形にまとめあげた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の夜と霧の言及

【フランクル】より

…実存分析を創始したオーストリアの精神医学者。ウィーン大学医学部を卒業後,精神分析を学んだが,第2次大戦中ユダヤ人であるという理由で両親,妻,2人の子どももろとも逮捕され,アウシュビッツの強制収容所へ送られて,苦しみの日々を体験し,この記録(邦訳名《夜と霧》)を戦後に刊行(1947)した。学問的には,S.フロイトの精神分析とA.アードラーの個人心理学を止揚して,人間を自由と責任ある存在としてとらえることにより,独自の実存分析Existenzanalyseとその治療論としてのロゴテラピーLogotherapieを唱え,新ウィーン学派と呼ばれたが,その基底には人間存在を構成する身体‐心‐精神という3次元のうち精神的次元を重視する姿勢がよこたわる。…

※「夜と霧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

夜と霧の関連キーワードフランクル(Viktor Emil Frankl)ヴィクトル・エーミール フランクルドキュメンタリー映画日本映画史(年表)ジャン ケーロールデービッド マレルアラン レネホロコースト夜と霧の隅で芥川 比呂志フランクル渡辺 文雄寺島 幹夫戸浦 六宏税関検閲童門冬二佐藤 慶実存分析渡辺文雄石堂淑朗

夜と霧の関連情報