夜討ち(読み)ヨウチ

デジタル大辞泉の解説

よ‐うち【夜討ち】

夜、不意に敵を攻撃すること。夜襲。夜駆け。「夜討ちをかける」⇔朝駆け
新聞記者などが、深夜、予告なしに取材先に出向くこと。「夜討ち朝駆けで取材する」
夜、人家に押し入って財宝を盗むこと。また、その人。夜盗(やとう)。
「―したりと聞こえしもの三人ありて、めしとらへつつ」〈折たく柴の記・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ようち【夜討ち】

夜、暗闇にまぎれて敵を襲うこと。夜襲。夜駆け。 ⇔ 朝駆け 「 -をかける」
夜、人の家を襲う強盗。夜盗。 「片山里の下種人のたてあはざるを-などにし、物とるやうは知りたり/曽我 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜討ちの関連情報