コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大つごもり オオツゴモリ

大辞林 第三版の解説

おおつごもり【大つごもり】

小説。樋口一葉作。1894年(明治27)「文学界」発表。薄幸の少女お峰の女中生活を通じての哀感を、大つごもりを背景に描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大つごもり
おおつごもり

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大つごもりの関連キーワード立て切る・立切る・閉て切る加藤衛(業務提携)買い出す・買出すたしろ 之芙子花柳 章太郎波乃久里子春本 泰男岸田今日子竹内 京子喜多村緑郎紫野明日香口を濡らす上沢美咲如何でも草鞋食いにごりえ機嫌買い井原西鶴幸田弘子上がり物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大つごもりの関連情報