コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大アトラス山脈 だいアトラスさんみゃくHaut Atlas

1件 の用語解説(大アトラス山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大アトラス山脈
だいアトラスさんみゃく
Haut Atlas

ハイアトラス山脈オートアトラス山脈ともいう。モロッコ中央部の山脈で,アルジェリア国境から大西洋岸まで,780kmにわたって延びる。 4000mをこす高山が多く,最高峰は全アトラス山脈中でも最高のトゥブカル山 (4165m) 。山脈を横断する峠も高所が多い。山脈の北側や低い山頂は豊富な植生に恵まれ,山麓には水の豊かな渓谷があり,よく灌漑された小さな畑が点在し,果樹栽培が盛ん。山脈の南側はサハラ砂漠の乾いた熱風にさらされているため,一般に植生は乏しく,遊牧が行われる。鉱物資源には,銅,鉄,鉛,スズ,マンガンなどが多く,開発も次第に行われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone