大下英治(読み)おおした えいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大下英治 おおした-えいじ

1944- 昭和後期-平成時代のドキュメンタリー作家。
昭和19年6月7日生まれ。大宅(おおや)マスコミ塾にまなび,「週刊文春」記者となる。昭和56年「小説電通」,57年「三越の女帝」を発表し,作家生活にはいる。60年「修羅の群れ」で日本文芸大賞。ほかに田中角栄,美空ひばりなどの人物や,東急などの巨大組織に焦点をあてた作品がある。広島県出身。広島大卒。本名は英治(ひではる)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大下英治の関連情報