コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大下英治 おおした えいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大下英治 おおした-えいじ

1944- 昭和後期-平成時代のドキュメンタリー作家。
昭和19年6月7日生まれ。大宅(おおや)マスコミ塾にまなび,「週刊文春」記者となる。昭和56年「小説電通」,57年「三越の女帝」を発表し,作家生活にはいる。60年「修羅の群れ」で日本文芸大賞。ほかに田中角栄,美空ひばりなどの人物や,東急などの巨大組織に焦点をあてた作品がある。広島県出身。広島大卒。本名は英治(ひではる)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大下英治の関連キーワード堀江 しのぶ美空 ひばり藤田 晴子松田 優作川田 晴久小野 満特派員

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大下英治の関連情報