三越(読み)みつこし(英語表記)MITSUKOSHI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三越
みつこし
MITSUKOSHI

百貨店延宝1(1673)年三井高利が江戸に呉服店越後屋を創業したのに始まる。三井家との間に分離,復帰を繰り返したのち,1904年三井家の手を離れて三越呉服店を創立,日本で初めての百貨店となった。その後は初代専務日比翁助により呉服以外の商品を増やし,1908年には洋風 3階建ての店舗を完成させて百貨店としてのかたちを整えるとともに,常に時代の先端を行く経営方針をとって多くの大衆の支持を獲得した。1928年社名を三越に変更。1907年に大阪支店を開設したのを手始めに各地に支店を設け,日本橋本店も拡張を重ねて順調に業績を伸ばした。本店のほか銀座,恵比寿,大阪,広島,高松,松山,仙台,札幌などに支店があり,1971年パリに進出したほかイギリス,イタリアにも出店するなど拡大路線をとってきたが,1990年代後半,店舗見直しなどによる経営再建を余儀なくされた。2008年伊勢丹と共同で三越伊勢丹ホールディングスを設立し,その子会社となる。2011年伊勢丹と合併,社名を三越伊勢丹に変更した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三越の関連情報