コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中角栄 たなか かくえい

知恵蔵の解説

田中角栄

昭和後期を代表する政治家、第64・65代内閣総理大臣。1918年新潟県刈羽郡(現柏崎市)の農村地帯に生まれる。高等小学校を卒業した後、15歳で上京。工事現場で働きながら、夜間学校(中央工学校)を卒業する。39年陸軍召集によって満州に送られるが、肺炎にかかり除隊処分となる。43年に田中土建工業を設立し、終戦は仕事先の朝鮮半島で迎えた。47年自身2度目の挑戦となった衆議院議員選挙で初当選(以降16回連続当選)を果たすと、地元の交通関連企業の経営にも加わり、利益誘導型政治(金権政治)の基礎を固めていく。57年、岸信介内閣の郵政大臣として初入閣。池田勇人内閣佐藤栄作内閣の下では、大蔵大臣、通産大臣、自民党政調会長、幹事長を歴任し、日本の高度経済成長を支えた。
72年7月、第3次佐藤内閣の後を受けて内閣総理大臣に就任すると、非エリート・苦学の経歴から、空前の「角栄ブーム」を巻き起こした。就任2カ月後には中国を訪問し、周恩来首相と共に「日中共同声明」を発表すると、その決断力・行動力は海外でも高く評価された。マスコミに「今太閤」「庶民派宰相」と持てはやされ、就任直前に出版した『日本列島改造論』も人気を後押ししたが、これが暗転のきっかけとなった。改造論は高速道路と新幹線網の拡充によって人口と産業の地方分散を推進し、過疎と過密を同時に解消させるという構想だったが、過剰な投機が地価高騰やインフレを招き、更に73年の第1次石油危機によって破綻(はたん)に追い込まれた。翌74年、週刊誌に田中ファミリー企業の「土地ころがし」の実態などを暴いた記事が掲載されると、国民の人気も凋落(ちょうらく)。マスコミの激しい追及を受け、同年末、首相在任期間2年5カ月で辞職した。
更に76年には、米・ロッキード社からの不正献金(収賄)容疑で起訴され、83年に東京地裁で有罪判決を受けた。しかし、このロッキード事件の係争中も自民党の最大派閥を率い、大平正芳内閣、鈴木善幸内閣を誕生させ、中曽根康弘内閣を支援するなど、85年に腹心の竹下登が派閥を割るまで、「闇将軍」として政界に大きな影響を保ち続けた。93年の死去後も、壮大な構想力と日中国交正常化や33もの議員立法を成立させた実行力、巧みな人心掌握術など、不世出の政治力とカリスマ性を評価する声に、現代政治が失った往時を懐しむ声も重なってか、たびたび「角栄ブーム」が再燃している。なお、娘の田中眞紀子(44年~)も政治家で、外務大臣や文部科学大臣などを務めた。

(大迫秀樹 フリー編集者/2016年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

たなか‐かくえい【田中角栄】

[1918~1993]政治家。新潟の生まれ。昭和22年(1947)衆議院議員に当選。同47年首相に就任し、日中国交正常化を実現した。また、日本列島改造論を唱えたが、地価高騰や狂乱物価を招き破綻。同49年首相を辞職後、ロッキード事件逮捕された。→三木武夫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

田中角栄【たなかかくえい】

政治家。新潟県の生れ。中央工学校卒業。19歳で建設事務所を開設,第2次大戦後土建会社を設立。1947年衆議院議員に当選,池田勇人(はやと)内閣佐藤栄作内閣蔵相,郵政相,通産相のほか党幹事長などを歴任。
→関連項目コーチャン竹下登中曾根康弘中曾根康弘内閣二階堂進三木武夫吉永祐介

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中角栄 たなか-かくえい

1918-1993 昭和時代後期の政治家。
大正7年5月4日生まれ。田中真紀子の父。高等小学校卒業後上京し,土建業をいとなむ。昭和22年衆議院議員(当選16回,自民党)。佐藤派に属す。第1次岸内閣の郵政相をはじめ,蔵相(2回),通産相,党の政調会長,幹事長を歴任。47年首相となる。日中国交を正常化し,国土開発をはかるが,日本列島改造構想で土地投機の過熱をまねく。49年金脈問題を批判され退陣。51年ロッキード事件で逮捕・起訴された。平成5年12月16日死去。75歳。新潟県出身。中央工学校卒。著作に「日本列島改造論」。
【格言など】総理・総裁なんていうのは(いつでも替えられる)帽子みたいなもの(昭和58年田中派議員を前に)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たなかかくえい【田中角栄】

1918‐93(大正7‐平成5)
昭和戦後期の政治家。新潟県出身。高等小学校卒で上京,苦学力行して建築士,土建業者となる。1947年(昭和22)に衆議院初当選。民主党から吉田茂民主自由党に移り法務政務次官となる。炭鉱国管疑獄(炭鉱国家管理問題)で逮捕され,のち無罪。自由民主党では佐藤派に属し,57年に岸信介内閣郵政相,池田勇人内閣で党政調会長,蔵相を歴任。佐藤栄作内閣でも幹事長,蔵相,通産相を務め,福田赳夫と並び佐藤体制の双璧となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たなかかくえい【田中角栄】

1918~1993) 政治家。新潟県生まれ。1972年(昭和47)首相に就任。日中国交正常化を実現。「日本列島改造論」が土地投機と物価上昇を招き、金脈問題が摘発されて74年退陣。76年ロッキード事件で逮捕起訴され、一審で懲役4年の実刑判決をうけ、上告中死去。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田中角栄
たなかかくえい

[生]1918.5.4. 新潟,刈羽
[没]1993.12.16. 東京
政治家。父親が家産を傾けたため幼時から貧苦の生活を送り,中学進学を断念して土木工事現場で働いた。 15歳で単身上京。中央工学校を卒業後,1938年田中土建工業を設立。 47年以来 16回衆議院議員に当選。同年,片山社会党首班内閣の炭鉱国管法案に反対し,進歩党を脱党,48年民主自由党に加わる。同年 10月法務政務次官となるが炭鉱国管疑獄に連座して辞任。 51年の東京高裁判決で無罪。 57年第1次岸内閣郵政相。第2次池田内閣蔵相を経て,佐藤内閣のもとでは蔵相,通産相,自由民主党幹事長などの要職を歴任。 72年7月自由民主党総裁,首相。9月中国との国交回復を実現。内政面では「日本列島改造論」を掲げて,経済発展を目指した。 74年 12月同党総裁,首相を辞任。 76年7月ロッキード事件で逮捕され,のち起訴。1審,2審ともに懲役4年の実刑判決を受けたが,最高裁上告中に死去した。なお,85年に脳梗塞で倒れ,89年には政界引退を表明していた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中角栄
たなかかくえい
(1918―1993)

政治家。大正7年5月4日新潟県刈羽(かりわ)郡二田(ふただ)村(現柏崎(かしわざき)市)に生まれる。高等小学校卒業後上京し、苦学のすえ中央工学校を卒業。1943年(昭和18)田中土建を設立。1947年(昭和22)衆議院議員に初当選(民主党)。1948年民主自由党に移る。同年炭鉱国管疑獄で逮捕されるが裁判では無罪。1957年岸信介(きしのぶすけ)内閣の郵政相を皮切りに、党政調会長、蔵相、党幹事長、通産相などを歴任。とくに1962年から1965年まで池田勇人(いけだはやと)内閣、佐藤栄作内閣の蔵相を務め高度成長政策を推進する。佐藤派の中心として福田赳夫(ふくだたけお)とともに佐藤政権を支える。1972年6月「日本列島改造論」を発表、7月佐藤退陣のあと首相に就任。54歳の若さと農村出身、無学歴の「庶民性」から「今太閤(いまたいこう)」とよばれ、角栄ブームをつくりだした。9月日中復交を果たすが、1973年に入り経済政策の破綻(はたん)から狂乱物価を招き、1974年11月田中金脈問題により内閣総辞職。1976年7月ロッキード事件で逮捕され、1983年10月、懲役4年・追徴金5億円の一審判決を受け、控訴。逮捕後自民党を離党したが、党内最大派閥の田中派を維持し「目白の闇(やみ)将軍」とよばれ、政界に強い影響力を行使した。1985年脳梗塞(こうそく)で倒れた。1990年政界を引退。[伊藤 悟]
 長女の田中真紀子(1944― )は衆議院議員となり、科学技術庁長官、外務大臣を務めた。[編集部]
『後藤基夫・内田健三・石川真澄著『戦後保守政治の軌跡』(1982・岩波書店) ▽立花隆著『田中角栄研究――全記録』上下(講談社文庫) ▽保坂正康著『田中角栄の昭和』(朝日新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の田中角栄の言及

【疑獄】より

…昭和30年代以降,許認可行政の範囲の拡大と国際的な融資の増大とにより,第1次・第2次FX選定問題,インドネシア賠償問題,ソウル地下鉄問題,税政連問題,KDD事件などの疑獄が表面化した。なかでも76年のロッキード事件は,アメリカで発覚し前首相田中角栄の逮捕,起訴にまで至った戦後最大の政治事件といってよい。 これ以降,今日にいたる疑獄事件の特徴は,汚職が社会の各分野に拡大していったことにある。…

【高度経済成長】より

…佐藤内閣は円の変動相場制への移行を決定しこれに対応したが,高度成長を支える最大の基盤がなくなったのである。72年7月,佐藤内閣にかわって田中角栄内閣が成立したが,田中首相はこうした国際条件の変化にもかかわらず,〈日本列島改造論〉をかかげて,いぜんとして大型公共投資を中心とする経済成長政策を追い求めようとした。この結果土地投機ブームが起こり,それとともに物価上昇のテンポが速まったが,そこを73年10月,第4次中東戦争にさいしてのアラブ産油国の石油戦略によるオイル・ショック(石油危機)が直撃した。…

【国土総合開発】より

…国や地方自治体が,その時代に直面する課題を解決し,国民生活の向上と安定に寄与するために,地域の資源や土地,労働力を有効に活用して地域の生産力や所得・雇用を増大させる政策をとることを地域開発と呼ぶ。それゆえ,地域開発は経済政策の一分野ということができる。この地域開発を全国的な規模で推進することによって,国土をより有効に利用し,国民経済の発展や地域格差の是正,未利用資源の活用,国土の保全などを総合的に図るのが国土総合開発である。…

【ロッキード事件】より

…アメリカでニクソンへの反感が高まると兵器生産・輸出企業が政府援助資金を不正流用しているとの疑惑が高まり,上院外交委員会多国籍企業小委員会により調査が進められ,76年2月初旬日本人に対する贈賄についてコーチャンが証言を行い,これを契機に日本で問題化した。 疑惑の中心は1972年8月下旬,ハワイにおける田中=ニクソン会談で,田中角栄が総理大臣の職務権限をもってロッキード製エアバス,トライスターL1101型航空機の大量導入,対潜哨戒機にP3Cの採用を約束し,この代償に5億円を収賄したというもので,これに関連してロッキード社が丸紅,全日空,児玉誉士夫の3ルートを通じて1200万ドル(36億円)にのぼる膨大な工作資金を贈賄したことが明らかになった。このため,収賄罪,所得税法,外国為替および外国貿易法違反などの容疑で前首相田中角栄(1976年7月逮捕),元運輸相橋本登美三郎,元運輸政務次官佐藤孝行,丸紅,全日空の幹部が逮捕され,国会議員17名のほか児玉の関係者その他民間,官庁関係者460名が取調べを受けた。…

※「田中角栄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

田中角栄の関連キーワード田中内閣(田中角栄内閣)三木武夫内閣新幹線の計画道路特定財源加藤常太郎小佐野賢治椎名悦三郎植木庚子郎池谷 信一仮谷 忠男八達嶺長城小林 孝平井上工業田中健五倉石忠雄大下英治有田喜一野末陳平福永健司土地投機

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田中角栄の関連情報