コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保章言 おおくぼ しょうげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保章言 おおくぼ-しょうげん

1770-1835 江戸時代後期の医師,国学者。
明和7年生まれ。医学を座光寺南屏(なんぺい)に,のち京都にでて伊良子光顕(いらこ-みつあき)にまなび,郷里の甲斐(かい)(山梨県)で開業。寛政5年本居宣長(もとおり-のりなが)の門弟となり,鷲彦(わしひこ)と称した。天保(てんぽう)6年7月6日死去。66歳。名は謙。字(あざな)は徳夫。号は益堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大久保章言の関連キーワード国学者

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android