コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴糠手子 おおともの ぬかてこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴糠手子 おおともの-ぬかてこ

?-? 6世紀後半の豪族。
大伴小手子(おてこ)の父。敏達(びだつ)天皇12年(583)百済(くだら)(朝鮮)からまねかれた日羅を慰労,任那(みまな)(朝鮮)再興策をたずねる。百済人に殺害された日羅を埋葬後,変事をふせぐためその妻子・水手(かこ)らを石川(大阪府南東部,石川流域一帯)の地に分散してすまわせるよう建議した。名は糠手,奴加之古ともいう。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大伴糠手子の関連キーワード大伴小手子物部贄子

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android