コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴駿河麻呂 おおともの するがまろ

2件 の用語解説(大伴駿河麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴駿河麻呂 おおともの-するがまろ

?-776 奈良時代の公卿(くぎょう)。
天平(てんぴょう)18年越前守(えちぜんのかみ)。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)9年橘奈良麻呂(たちばなの-ならまろ)の謀反にくみしたとして弾劾されるが,のち出雲守(いずものかみ)に任じられ,宝亀(ほうき)3年陸奥按察使(むつあぜち)となる。陸奥守・鎮守将軍として蝦夷(えみし)を攻略,6年参議にすすむ。「万葉集」に短歌11首がある。宝亀7年7月7日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大伴駿河麻呂

没年:宝亀7.7.7(776.7.26)
生年:生年不詳
奈良時代の官人。御行の孫ともいわれる。天平15(743)年従五位下に昇り,18年越前守に。橘奈良麻呂の変(757)に加わったが死は免れた。神護景雲4(770)年従五位上で出雲守に任じ,宝亀と改元後正五位下に進み,さらに肥後守として改元の祥瑞白亀を献上したことから正五位上に昇った。宝亀3(772)年陸奥按察使に任じ,老衰により辞するが光仁天皇の重用を受け許されず,逆に正四位下に叙された。4年陸奥国鎮守将軍となり,5年蝦夷征討の命を受けて戦果を挙げ賜物を受けた。6年参議に任じ,武功により正四位上勲3などを賜る。7年に没し,従三位と賻物を贈られた。坂上郎女との相聞歌などが『万葉集』に載る。

(佐藤信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大伴駿河麻呂の関連キーワード粟田人上磐余諸君大伴清縄河内百枝娘子紀池主百済遠宝高田足人智鸞東常氏土佐光持

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone