コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船荷証券 ふなにしょうけん bill of lading; B/L

6件 の用語解説(船荷証券の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船荷証券
ふなにしょうけん
bill of lading; B/L

海上物品運送契約による運送品の受取りを証明し,かつ,その引渡し請求権を表章する有価証券。傭船者または荷送人の請求により,船長または船舶所有者の委任を受けた者が運送品の船積み後遅滞なく発行する (商法 767,768,国際海上物品運送法6) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふなに‐しょうけん【船荷証券】

海上の物品運送において、運送人が運送品の受け取りを証し、陸揚げ港で証券の正当な所持人に引き渡すことを約する有価証券。BL(bill of lading)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

船荷証券【ふなにしょうけん】

海上運送において運送品の引渡請求権を表章する有価証券(商法767条以下)。bill of ladingといい,BLと略称。陸上運送貨物引換証に相当。用船者または荷送人の請求により船長または船主・代理店が発行。
→関連項目インボイス運送証券CIF荷為替手形

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふなにしょうけん【船荷証券】

海上物品運送契約において,運送人が,運送品の受領を証明し,かつ,目的港において,この証券の正当な所持人に対してその運送品を引き渡すことを約束した証券。船荷証券は,運送人に対する運送品引渡請求権を表章しており,この権利を行使し,または移転するためには,必ずこの証券の占有または移転を要する有価証券である(商法776,573,574,584条,国際海上物品運送法10条)。陸上運送における貨物引換証(商法571条以下)に相当する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふなにしょうけん【船荷証券】

海上の物品運送契約において、運送人が運送品の受け取りまたは船積みを証し、指定港において証券の正当所持人に引き渡すことを約する有価証券。 B / L 。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船荷証券
ふなにしょうけん

海上物品運送において、その物品の引渡請求権を表章している有価証券をいう。通常、B/L(ビー・エル)(Bill of Lading)といわれる。
 種々の態様があり、たとえば、その発行時期が船積み前のものを受取船荷証券といい、船積み後のものを船積船荷証券という。また、運送されている物品について、なんらかの異常が記載されているものを故障付船荷証券、そのような記載のないものを無故障船荷証券という。このほか、陸上運送と海上運送というように、異種類の運送手段や、複数の運送人による運送などにおいて利用される通し船荷証券などといわれているものもある。コンテナによる運送などにおいてのコンテナB/Lなどは、その一つである。船荷証券は、送り状、海上保険証券などとともに船積書類の一つであり、荷為替(にかわせ)取組に必要とされる書類である。[永井和之]
『大崎正瑠著『詳説 船荷証券研究』(2003・白桃書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船荷証券の関連キーワード運送契約運送状運送証券運送取扱人運送人国際海上物品運送法旅客運送契約荷送り人エアウエイビル海上物品運送に関する国連条約

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

船荷証券の関連情報