大倉 長右衛門(読み)オオクラ チョウエモン

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の能楽囃子方(大倉流小鼓方) 大倉流小鼓宗家(13代目)。



生年
明治21(1888)年10月13日

没年
昭和43(1968)年6月30日

出生地
東京

本名
大倉 善太郎

別名
別称=大倉 長右衛門宣朝(オオクラ チョウエモンノブトモ),前名=大倉 六蔵宣朝(オオクラ ロクゾウノブトモ)

経歴
12代宗家・六蔵宣悦の三男。父と谷市之進に師事、明治34年能「岩船」の演奏で初舞台。36年父の死で宗家を継いだ。大正12年関東大震災で大阪に移住。昭和8年六蔵を継承、39年に長右衛門を襲名した。32年より日本能楽会会員。没後二男が家芸を継ぎ15代目長十郎となる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
能楽囃子方(大倉流小鼓方)

専門
小鼓

肩書
大倉流小鼓宗家(13代目)

本名
大倉 善太郎

別名
別称=大倉 長右衛門宣朝(オオクラ チョウエモンノブトモ),前名=大倉 六蔵宣朝(オオクラ ロクゾウノブトモ)

生年月日
明治21年 10月13日

出生地
東京

経歴
大倉流小鼓方12代宗家・長右衛門宣悦の三男。父と谷市之進に師事、明治34年能「岩船」の演奏で初舞台。36年父の死で宗家を継いだ。大正12年関東大震災で大阪に移住。昭和8年六蔵を継承、39年に長右衛門を襲名した。32年より日本能楽会会員。没後二男が家芸を継ぎ15代目長十郎となる。

所属団体
日本能楽会

没年月日
昭和43年 6月30日 (1968年)

家族
父=大倉 長右衛門(大倉流小鼓12代目宗家),二男=大倉 長十郎(大倉流小鼓15代目宗家)


職業
能楽囃子方(大倉流小鼓方)

専門
小鼓

肩書
大倉流小鼓宗家(12代目)

別名
別称=大倉 長右衛門宣悦(オオクラ チョウエモンノブヨシ),通称=六蔵,前名=大倉 喜太郎

生年月日
嘉永4年

経歴
大倉流小鼓方10代宗家・長右衛門宣義の二男。三男の長右衛門宣朝が13代目宗家を継いだ。

没年月日
明治36年 5月26日 (1903年)

家族
三男=大倉 長右衛門(大倉流小鼓13代目宗家),父=大倉 長右衛門(大倉流小鼓10代目宗家)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android