コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長十郎 チョウジュウロウ

デジタル大辞泉の解説

ちょうじゅうろう〔チヤウジフラウ〕【長十郎】

ナシの一品種。果実は甘味が強く、果皮茶褐色。明治中期に神奈川県の当麻長十郎が発見。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

長十郎

神奈川県など主に関東地方で生産される赤ナシ。大きさは約250~300g程度、果肉はややかためで、爽やかな甘みがある。1895年頃に神奈川県川崎市大師河原の梨農家、当麻辰次郎氏が発見し、その屋号をとって命名された。昭和のはじめには「二十世紀」と人気を二分し、神奈川県中心に多く栽培されたが、その後「幸水」などの新品種に押され、栽培が減少。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうじゅうろう【長十郎】

ナシの栽培品種。明治中期、当麻長十郎が実生から発見したのでこの名がある。果肉は白色・多汁で、甘味が強く芳香がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

長十郎の関連キーワード今藤 長十郎(2代目)今藤 長十郎(3代目)竹島幸左衛門(2代)河原崎権之助(5代)杉山勘左衛門(2代)今藤長十郎(4世)山中平九郎(3代)沢村宗十郎(初代)今藤長十郎(3代)沢村小伝次(初代)沢村長十郎(2代)今藤長十郎(2代)今藤長十郎(2世)富沢門太郎(初代)宮城県宮城郡利府町元禄忠臣蔵 前篇枝変わり・枝変りどっこい生きてる元禄忠臣蔵 後篇河原崎 しづ江

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長十郎の関連情報