コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大倭二十四孝 やまとにじゅうしこう

世界大百科事典 第2版の解説

やまとにじゅうしこう【大倭二十四孝】

仮名草子。24巻12冊。浅井了意作といわれる。1665年(寛文5)刊。後印本に98年(元禄11)版や無刊年版などのほか,菱川師宣の手になる挿画を加えた別版もある。元の郭居敬の撰述にかかる《二十四孝子選》が,御伽草子二十四孝》として翻訳されたり,江戸幕府の儒教をその指針とした文教政策が浸透してゆく一環として孝子譚が尊ばれ,一つのブームとなり《孝行物語》《親子物語》などの仮名草子が刊行されるにいたった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の大倭二十四孝の言及

【孝】より

… 近世に入って,家の制度が確立し,儒教が教学の中心に据えられると,孝は道徳の根本として取り上げられるようになった。母への孝行に徹した中江藤樹は,孝を基本とする独特の教えを説いたが,孝の強調の中で,浅井了意の《大倭二十四孝(やまとにじゆうしこう)》をはじめ,孝を中心とする数々の教訓本があらわれた。幕府や諸藩は孝子の表彰を盛んに行い,教化に努めたが,他方で主君に対するが強調されるようになると,忠は孝に優先すると説かれることになった。…

※「大倭二十四孝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android