コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大内無辺 おおうち むへん

1件 の用語解説(大内無辺の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大内無辺 おおうち-むへん

?-? 戦国時代の槍術(そうじゅつ)家。
無辺流の祖。天文(てんぶん)-永禄(1532-70)のころの出羽(でわ)の人。出羽平鹿(ひらか)郡(秋田県)の真人(まと)山にはいり,神にいのって霊夢を得,奥義をきわめたといわれる。子の大内上右衛門,孫の大内清右衛門が跡をついだ。上右衛門の門人に椎名靱負(ゆきえ)がいる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大内無辺の関連キーワード青岡弥左衛門伊東佐忠打身佐内大島草庵上村忠徳慶増安太夫佐分利尚古種田正幸富田牛生鳥山栄庵

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone