コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大内無辺 おおうち むへん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大内無辺 おおうち-むへん

?-? 戦国時代の槍術(そうじゅつ)家。
無辺流の祖。天文(てんぶん)-永禄(1532-70)のころの出羽(でわ)の人。出羽平鹿(ひらか)郡(秋田県)の真人(まと)山にはいり,神にいのって霊夢を得,奥義をきわめたといわれる。子の大内上右衛門,孫の大内清右衛門が跡をついだ。上右衛門の門人に椎名靱負(ゆきえ)がいる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大内無辺の関連キーワード山本宗久戦国時代無辺流槍術

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android