コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大分合同新聞

2件 の用語解説(大分合同新聞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

大分合同新聞

有限会社大分合同新聞社が販売する新聞。主な販売地域は大分県。朝刊、夕刊を発行。1942年創刊。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大分合同新聞
おおいたごうどうしんぶん

大分県の代表的日刊新聞。朝夕刊セット発行。大分県内の発行部数では全国紙やほかの地方紙を大きく引き離している。1886年(明治19)創刊の『豊州(ほうしゅう)新報』と1989年創刊の『大分新聞』が、太平洋戦争中の新聞統合政策により合併して大分合同新聞社となり、1942年(昭和17)4月3日『大分合同新聞』に題号を変更、現在に至っている。1951年(昭和26)4月に『夕刊大分』を併合し、5月1日から戦後全国最初の朝夕刊完全セット発行を始めた。「郷土大分県の興隆に寄与せんとする」ことを社是に「平和、民主主義、言論の自由、真実の追及、地方紙の使命遂行、国民、県民、地域への信頼、愛」を編集綱領に掲げている。発行部数は朝・夕刊各約22万5000部(2010)。[高須正郎・伊藤高史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大分合同新聞の関連キーワード伊勢新聞おたる新報岐阜新聞佐賀新聞静岡新聞津南新聞ビル新聞房日新聞山口新聞大分合同新聞社

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大分合同新聞の関連情報