大刹(読み)タイサツ

デジタル大辞泉の解説

たい‐さつ【大刹】

大きな寺。巨刹。たいせつ。

たい‐せつ【大刹】

大きい寺院。大規模な寺。巨刹。おおでら。たいさつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいさつ【大刹】

〔「たいせつ」とも〕
大きな寺。巨刹。

たいせつ【大刹】

〔「たいさつ」とも〕
大きな寺院。巨刹。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐さつ【大刹】

〘名〙 (「さつ」は「刹」の漢音) =たいせつ(大刹)

たい‐せつ【大刹】

〘名〙 (「せつ」は「刹」の慣用音) 大きな寺院。大規模な寺。大伽藍。巨刹(きょさつ)。たいさつ。
正法眼蔵(1231‐53)自証三昧「みだりに大刹の主として、雲水の参頭なり」 〔元史‐鎖咬児哈的迷失伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android