慣用音(読み)カンヨウオン

デジタル大辞泉の解説

かんよう‐おん〔クワンヨウ‐〕【慣用音】

呉音漢音唐音のいずれでもなく、日本で広く使われている漢字音。「消耗」の「耗(こう)」を「もう」、「情」の「緒(しょ)」を「ちょ」と読む類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんようおん【慣用音】

漢音・呉音・唐音などとは異なるが、日本で広く使われ、一般化している漢字の音。石(せき・じゃく)を「こく」(千石船せんごくぶね)、輸(しゅ)を「ゆ」(輸出)と読む類。通用音。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の慣用音の言及

【漢字】より

…また,漢字の大部分は形声文字であるところから,字音を類推によって定めてしまい,中国の原音にない音を与えているものもある。これを慣用音と呼ぶ。たとえば,耗(もう),滌(じよう)など。…

※「慣用音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android