コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大前駅屋 おおさきのうまや

防府市歴史用語集の解説

大前駅屋

 奈良・平安時代の山陽道[さんようどう]にあった駅家[うまや]の1つで、大崎のあたりにあったとされるものです。役人や外国の使節が休憩・宿泊などに使っていました。場所などははっきりしていませんが、889年に廃止されたことが文献に見られます。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android