コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大動脈縮窄(COA) だいどうみゃくしゅくさくしーおーえー

1件 の用語解説(大動脈縮窄(COA)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

だいどうみゃくしゅくさくしーおーえー【大動脈縮窄(COA)】

 大動脈弓部(きゅうぶ)(大動脈が弓なりに曲がっている部分)が狭くなっている異常で、心室(しんしつ)中隔欠損や動脈管開存(かいぞん)をともなうことが多いもので、非常に重症です。新生児期に手術します。動脈管開存をともなっている場合は、手術前にプロスタグランジンという薬を使用し、動脈管開存が閉じないようにします。
 単独でおこることもあれば、他の形態異常に合併することもあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

大動脈縮窄(COA)の関連キーワード大動脈大動脈弁動脈瘤解離性大動脈瘤胸部大動脈高安病大動脈解離大動脈弁狭窄兼閉鎖不全症大動脈弁閉鎖不全症動脈破裂 (arteriorrhexis)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone