コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大原清之助 おおはら せいのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大原清之助 おおはら-せいのすけ

1885-1951 大正-昭和時代の細菌学者,小児科学者。
明治18年8月9日生まれ。大正3年疫痢病原菌を発見。箕田貢(みた-こう)の発見した疫痢菌との違いについて論争がおこったが,のち赤痢菌の一種とみとめられた。13年青森県立病院小児科部長,昭和3年熊本医大教授,16年同大付属医院長となった。浅川賞受賞。昭和26年5月4日死去。65歳。宮城県出身。九州帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大原清之助の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android