コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大原重朝 おおはら しげとも

2件 の用語解説(大原重朝の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大原重朝

勤王家・公家・華族。京都生。大原重徳の三男。幼名常丸。歌・書を能くす。御歌会始講頌。貴族院議員・子爵。大正7年(1918)歿、71才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大原重朝 おおはら-しげとも

1848-1918 幕末-大正時代の公家,華族。
嘉永(かえい)元年5月21日生まれ。大原重徳(しげとみ)の3男。慶応2年父ら22人の公卿(くぎょう)による佐幕派公卿排斥の建議にくわわり,差控(さしひかえ)となる。4年新政府の参与・弁事。のち宮内省,外務省につとめ,明治23年貴族院議員。伯爵。大正7年12月14日死去。71歳。京都出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の大原重朝の言及

【研究会】より

…子爵議員を中心とする貴族院内最大の院内団体で,1891年11月に結成され,1947年3月の帝国議会の終幕まで存続した。結成当時の幹部は,伯爵大原重朝,子爵京極高典,同加納久宜,同山内豊誠,同鍋島直虎,同堀田正養で,1892年11月の第4議会開会当時には70名の議員を擁していた(侯爵1,伯爵6,子爵26,男爵10,勅選12,多額納税者15)。同会は92年7月に選挙母体として尚友会を組織したが,伯・子・男三爵議員の互選が完全連記制であったために,補欠選挙や総改選のたびに,この尚友会は威力を発揮した。…

※「大原重朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大原重朝の関連キーワード石川鴻斎青公家井手鉄処伊藤梅子衛藤薫加藤善治(3代)耕山(2代)千貫園柳翁塚田秀鏡大正時代美術

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone