コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大原野祭 おおはらのまつり

大辞林 第三版の解説

おおはらのまつり【大原野祭】

大原野神社の祭礼。古くは毎年2月上卯の日、11月中子の日の二回行われた。現在は4月8日に行われる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の大原野祭の言及

【大原野神社】より

…784年(延暦3)長岡京へ遷都のとき,皇后藤原乙牟漏がその氏神春日神社を勧請したことにはじまり,平安遷都のあと850年(嘉祥3)社殿を造営,地名より大原野神社と称した。翌年(仁寿1)2月勅祭を行い,以後毎年2月上卯日,11月中子日に官祭の大原野祭が行われ,勅使のほか中宮・東宮の使も派遣,その供奉人には藤原氏の氏人を用いた。式内社ではないが,藤原氏の勢力とともに栄え,斎宮・斎院にならい斎女がおかれた。…

※「大原野祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大原野祭の関連キーワード中務内侍日記大原野神社池上内親王東遊祭礼

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android