大原野神社(読み)おおはらのじんじゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大原野神社
おおはらのじんじゃ

京都市西京区に鎮座。元官幣中社。祭神は,タケミカズチノミコト,イワイヌシノミコト,アメノコヤネノミコト,ヒメガミ。例祭4月8日。藤原氏の氏神として崇敬された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおはらの‐じんじゃ〔おほはらの‐〕【大原野神社】

京都市西京区にある神社。祭神は建御賀豆智命(たけみかずちのみこと)・伊波比主命(いわいぬしのみこと)・天之子八根命(あめのこやねのみこと)・比売神(ひめのかみ)。古くは2月と11月に行われた大原野祭りは、現在は4月に行われている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大原野神社【おおはらのじんじゃ】

京都市西京区大原野南春日町に鎮座する旧官幣中社。健御賀豆智(たけみかずち)命,伊波比主(いわいぬし)命,天之子八根(あめのこやね)命,比売(ひめ)神をまつる。850年藤原冬嗣が,春日大社を分祀(ぶんし)したと伝え,藤原氏の氏神である。二十二社の一つ。例祭4月8日。御田刈祭(9月10日)には神相撲がある。
→関連項目鹿田荘吉田神社

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおはらのじんじゃ【大原野神社】

京都市西京区大原野南春日町に鎮座。建御賀豆智(たけみかずち)命,伊波比主(いわいぬし)命,天之子八根(あめのこやね)命,比売(ひめ)神をまつる。784年(延暦3)長岡京へ遷都のとき,皇后藤原乙牟漏がその氏神春日神社を勧請したことにはじまり,平安遷都のあと850年(嘉祥3)社殿を造営,地名より大原野神社と称した。翌年(仁寿1)2月勅祭を行い,以後毎年2月上卯日,11月中子日に官祭の大原野祭が行われ,勅使のほか中宮・東宮の使も派遣,その供奉人には藤原氏の氏人を用いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おおはらのじんじゃ【大原野神社】

京都市大原野南春日町にある神社。祭神は建御賀豆智命たけみかずちのみこと・伊波比主命いわいぬしのみこと・天之子八根命あめのこやねのみこと・比売神ひめがみ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大原野神社
おおはらのじんじゃ

京都市西京区大原野南春日(みなみかすが)町に鎮座。建御賀豆智命(たけみかづちのみこと)、伊波比主命(いわいぬしのみこと)、天之子八根命(あめのこやねのみこと)、比大神(ひめのおおかみ)を祀(まつ)る。桓武(かんむ)天皇は784年(延暦3)平城京より長岡京に遷都とともに、春日大社の祭神を現社地に鎮祭したが、さらに長岡京より平安京に遷都後、藤原冬嗣(ふゆつぐ)の奏請(そうせい)により850年(嘉祥3)改めて現社地に勧請(かんじょう)した。その後、藤原氏の氏神として春日大社同様に厚く尊崇された。平安中期には二十二社の一社に加列され、2月上卯(う)日と11月中子(ね)日に勅使が参向するなど、春日大社にはみられぬ祭儀もあった。その社名は「大原野」の地名に由来する。中世には藤原氏の衰微とともに社頭もさびれたが、江戸初期に後水尾(ごみずのお)天皇が社殿を再興して旧態に復した。旧官幣中社。例祭日は4月8日。「大原野大明神縁起」ほか朱印状などが残されている。境内背後の小塩山(おしおやま)は、往時は岩塩を産したと伝え、役行者(えんのぎょうじゃ)の伝承も付加されている。[二宮正彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おおはらの‐じんじゃ おほはらの‥【大原野神社】

京都市西京区大原野南春日町にある神社。旧官幣中社。祭神は建御賀豆智命(たけみかずちのみこと)、天之子八根命(あめのこやねのみこと)ほか二柱。延暦三年(七八四)長岡遷都に伴い、春日大社を勧請(かんじょう)したのに始まる。藤原氏の氏神として朝野の尊崇を受けた。二十二社の一つ。京春日。大原野。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大原野神社の関連情報