コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大友愛 おおとも あい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大友愛 おおとも-あい

1982- 平成時代の女子バレーボール選手。
昭和57年3月24日生まれ。ポジションはミドルブロッカー。中学1年でバレーボールをはじめる。仙台育英学園高時の平成11年世界ユース選手権で優勝。12年NECレッドロケッツに入団して12-13年のVリーグ新人賞。16年アテネ五輪に出場。18年世界選手権出場。同年結婚して一時現役から離れたが,20年久光製薬スプリングスに入部。21年JTマーヴェラスに移籍。プレミアリーグ21-22年・22-23年の2年連続でベスト6賞。22年世界選手権代表となり銅メダル。24年ロンドン五輪代表に選ばれ,日本女子バレー28年ぶりのメダルとなる銅メダルを獲得。25年現役引退。宮城県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大友愛の関連キーワード[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門アダムズ(Richard Adams)石井和紘北村太郎鈴木志郎康蓮實重彦ペトルチアーニスペースシャトル飛行記録メリル ストリープ