コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入部 ニュウブ

3件 の用語解説(入部の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐ぶ〔ニフ‐〕【入部】

[名](スル)
部と名のつく団体にはいること。「運動部に入部する」⇔退部
国司地頭が初めてその任国や領地にはいること。入府。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にゅうぶ【入部】

主として平安時代以降中世において,国司・郡司あるいは追捕使・検非違使・検田使などの政府や国衙の諸使,預所等の中央派遣の荘官や定使,さらには新補の地頭や守護・守護使などが,所部の地域や領内に入ること,とくに初度のそれをさすことが多い。早い用例として,《令義解》戸令の〈国郡司条〉に,国司が入国するに当たり,郡司等の役人が過大の歓迎行事を行わぬように,そして〈郡司入部〉においても,〈里長・百姓もまた此の例に依れ〉としているのがあげられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にゅうぶ【入部】

( 名 ) スル
部にはいること。 ↔ 退部 「テニス部に-する」
領主・国司などが、その領地・任地に初めてはいること。入府。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

入部の関連情報