コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入部 ニュウブ

世界大百科事典 第2版の解説

にゅうぶ【入部】

主として平安時代以降中世において,国司・郡司あるいは追捕使・検非違使・検田使などの政府や国衙の諸使,預所等の中央派遣の荘官や定使,さらには新補の地頭や守護・守護使などが,所部の地域や領内に入ること,とくに初度のそれをさすことが多い。早い用例として,《令義解戸令の〈国郡司条〉に,国司が入国するに当たり,郡司等の役人が過大の歓迎行事を行わぬように,そして〈郡司入部〉においても,〈里長・百姓もまた此の例に依れ〉としているのがあげられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にゅうぶ【入部】

( 名 ) スル
部にはいること。 ⇔ 退部 「テニス部に-する」
領主・国司などが、その領地・任地に初めてはいること。入府。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

入部の関連キーワードうたうとは小さないのちひろいあげ秋のおわりのピアニシモ慶応の推薦入試制度亀山藩(丹波国)気合いを入れる干反り・乾反り馬込勘解由柔道部物語アニマル1守護使不入船木靱負西本幸雄守護不入行徳塩田新発田藩使節遵行五十嵐誠榊原康政関東郡代館林藩

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入部の関連情報