コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大友貞順 おおとも さだより

2件 の用語解説(大友貞順の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大友貞順 おおとも-さだより

?-? 鎌倉-南北朝時代の武将。
大友貞宗の長男。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年(1333)父とともに鎮西(ちんぜい)探題を攻める。父の死後南朝方につき,建武(けんむ)3=延元元年豊後(ぶんご)(大分県)玖珠(くす)城で蜂起するが敗退。のち北朝方につかえ,足利尊氏から所領を安堵(あんど)されたが,宗家にそむき自害したといわれる。通称は近江次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大友貞順

生年:生没年不詳
南北朝時代の武将。貞宗の長男。通称次郎,近江次郎。豊後守。父に従い転戦するが,所領所職の配分にはあずからなかった。このため父の死後は惣領氏泰に背き,南朝に属した。建武4/延元2(1337)年,黒木,河崎氏ら筑後の国人と共に蜂起。以後数年間は南朝方にあったと思われる。貞和1/興国6(1345)年,北朝方に復帰。翌年5月には足利尊氏から本知行地頭職をあてがわれ,永和1/天授1(1375)年,足利義満にもこれを安堵される。のち惣領に背き,豊後国大野大渡,または稙田霊山寺で自殺したといわれている。

(福川一徳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大友貞順の関連キーワード小笠原政長忽那重勝貞真貞吉(1)志賀頼房関宗政宗盛直南部政行松浦定結城顕朝

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone