コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大友貞宗 おおともさだむね

百科事典マイペディアの解説

大友貞宗【おおともさだむね】

鎌倉後期の武将。豊後国守護。大友親時(ちかとき)の子。孫太郎・左近将監と称し,法名は具簡(ぐかん),号は顕孝寺(けんこうじ)。1333年3月鎮西探題(ちんぜいたんだい)北条(赤橋)英時を討つ密約に加わったが,変心し出陣しなかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大友貞宗 おおとも-さだむね

?-1334* 鎌倉時代の武将。
大友親時(ちかとき)の子。嘉元4年(1306)ごろ大友家6代となる。豊後(ぶんご)守護。臨済宗の闡提正具(せんだい-しょうぐ)に師事した。少弐貞経(しょうに-さだつね),菊池武時らと鎮西探題赤橋英時を討つことを約しながら出陣せず,武時を戦死させる。のちに英時を討ち,倒幕に力をかした。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年12月3日死去。幼名は孫太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大友貞宗

没年:正慶2/元弘3.12.3(1334.1.9)
生年:生年不詳
鎌倉後期の武将。頼泰と戸次時親の娘の4男。通称孫太郎。左近大夫将監,近江守。応長1(1311)年ごろ,兄貞親から家督と豊後守護職を相続。鎮西奉行を務める。正慶2/元弘3(1333)年3月,菊池武時,少弐貞経らと鎮西探題攻略を約すが,時期尚早とみて立たず。同年5月,六波羅探題が陥落するに至って,少弐・島津氏らと探題北条英時を討滅。鎮西探題はここに滅亡する。この功により足利高氏(尊氏)から豊後守護職を安堵され,肥前守護職に補任される。これに先立つ3月,所領所職は千代松丸(氏泰)に譲られ,以降,大友氏は嫡子単独相続制に移行した。貞宗は禅にも造詣が深く,中国から多くの禅僧を招いたりもしている。<参考文献>『増補訂正/編年大友史料』4~5巻

(福川一徳)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおともさだむね【大友貞宗】

?‐1333(元弘3)
鎌倉後期の武将。豊後国守護。大友親時の子。孫太郎,左近将監。法名具簡,号顕孝寺。1333年3月,少弐貞経,菊池武時と鎮西探題北条英時を討つ密約をしたが,貞宗,貞経ともに変心したので,武時だけがこれを攻めて敗死した。貞宗は翌4月後醍醐天皇に内応した足利尊氏から軍勢催促を受け,六波羅探題陥落の報を知って,あらためて探題攻撃に参加した。12月病没。【山口 隼正】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大友貞宗の関連キーワード島津貞久大友貞載竺仙梵僊立花山城明極楚俊大友氏泰大友氏時安富泰治大友貞順立花氏

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android