コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大同の九龍壁 だいどうのきゅうりゅうへき

世界の観光地名がわかる事典の解説

だいどうのきゅうりゅうへき【大同の九龍壁】

中国の山西省北部、大同(ダートン)市の東街にある、9つの龍が描かれている壁。◇明朝を建てた太祖(朱元璋)の第13子、朱桂の屋敷にある影壁(大門の外に建てられる壁)で、邸宅は戦火で焼失し、この九龍壁だけが残っている。壁の長さは45.5m、高さ8m、厚さ2mで、下部に須弥壇(しゅみだん)、束腰部に獅子、虎、象、唐獅子、麒麟(きりん)、天馬などの動物が彫られ、壁には五彩(黄・縁・朱・紫・藍)の彩色琉璃瓦の部材で積み上げられた9匹の龍が描かれている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone