コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐獅子 カラジシ

2件 の用語解説(唐獅子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

から‐じし【唐×獅子】

《「から」は外国風の意。「からしし」とも》
獅子を猪(いのしし)・鹿(しし)と区別した呼び名。
獅子を美術的に装飾化・図案化したもの。特に、桃山時代から盛んになった。屏風(びょうぶ)・衝立(ついたて)・襖絵(ふすまえ)などに多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

からじし【唐獅子】

〔古くは「からしし」。猪いのしし・鹿かのししと区別していう〕
中国伝来の獅子。ライオンを基に東アジアで形象化され、巻き毛に覆われた、幻想的な形状で表される。古くから美術・工芸の素材として用いられ、特に牡丹ぼたんと組み合わせた図柄が好まれた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の唐獅子の言及

【獅子】より

…他にも正倉院の〈紫地獅子奏楽文錦〉の獅子奏楽文をはじめ,獅子遣い文,獅子頭文,獅子丸文,獅子の丸蛮絵などがある。松平 美和子
[唐獅子]
 獅子(ライオン)を〈猪(しし)〉〈鹿(しし∥かのあし)〉などと区別して唐獅子と呼ぶこともあったが,中国伝来の幻想動物としての〈唐獅子〉は,頭側部両側や頸部,尾を火焰状に渦巻く多量の毛で覆い,胴体,四肢に数個の文様を散らした特異な形状容姿で伝わっている。こうした概念や形状を最初に日本にもたらしたのは9世紀渡来の密教両界曼荼羅図であると考えられる。…

【スフィンクス】より

…アッシリアのラマッスのような有翼獣像は古代ペルシア美術,とりわけアケメネス朝期彩色浅浮彫に見られる。これらの神話的イメージは一方ではライオンの変形として東方に伝播し,ついには日本の唐獅子となり,他方では有翼の神として各種の天使像,さらには東洋の飛天像にも影響を及ぼした。 他方,ギリシアの伝説ではスフィンクスを蛇女エキドナと犬のオルトロスの子とするもの(ヘシオドスの《神統記》),テーバイ王ライオスの娘(庶子)とするものなどがあり,最も有名なものはオイディプス伝説の一部を成している。…

※「唐獅子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

唐獅子の関連キーワード風の音の唐子クラシシズム支那鞄馬鹿らしい唐巻染膂宍由らしむべし知らしむべからずカラシシシトウガラシ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

唐獅子の関連情報