コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大和国之助 やまと くにのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大和国之助 やまと-くにのすけ

1835-1865* 幕末の武士。
天保(てんぽう)6年11月3日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。久坂玄瑞(げんずい)らと横浜外国人居留地焼き討ちを計画,未遂におわる。禁門の変後,藩内の恭順派に捕らえられ,元治(げんじ)元年12月19日斬首(ざんしゅ)された。30歳。本姓山県。名は直利。通称は別に武之進,弥八郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大和国之助

没年:元治1.12.19(1865.1.16)
生年:天保6.11.3(1835.12.22)
幕末の長州(萩)藩士。尊攘運動に参加。文久2(1862)年久坂玄瑞らと横浜居留地の焼き打ちを計画。のち藩の要路にあったが,第1次長州征討下に誕生した佐幕派の藩庁により,前田孫右衛門ら6名の政務員と共に処刑された。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大和国之助の関連キーワードアメリカ合衆国史(年表)バルザックポー(Edgar Allan Poe)スタス芳香族化合物フォーレフランツシャノアーヌズーフトムソン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android