コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大城戸長兵衛 おおきど ちょうべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大城戸長兵衛 おおきど-ちょうべえ

1813-1873 幕末の国学者。
文化10年生まれ。梁川星巌(やながわ-せいがん)らにまなぶ。嘉永(かえい)年間長崎に遊学し,海防の必要性をとなえる。文久3年天誅(てんちゅう)組に軍資金をおくり,翌年には金沢藩に降伏した水戸天狗(てんぐ)党の武田耕雲斎赦免のために活動した。明治6年12月4日死去。61歳。加賀(石川県)出身。名は宗篤,のち宗尊。号は耕巌斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大城戸長兵衛の関連キーワード国学者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android