コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大場玉泉 おおば ぎょくせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大場玉泉 おおば-ぎょくせん

1750-1826 江戸時代中期-後期の武士。
寛延3年10月5日生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。徒士頭,馬廻頭,大番頭などを歴任。7代藩主徳川治紀(はるとし),8代藩主斉修(なりのぶ)の守り役をつとめる。「富岳遊記富兵真図」「魯西亜漂民紀聞」をあらわした。文政9年8月20日死去。77歳。名は維景。字(あざな)は祺甫。通称は弥衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大場玉泉の関連キーワードハウフバーラクザイ朝ハウフザンド朝聖ミヒャエリス教会トーマス教会ウェールズ文学怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)華岡青洲ハーシェル(Sir Frederick William Herschel(1738―1822))

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android