大場玉泉(読み)おおば ぎょくせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大場玉泉 おおば-ぎょくせん

1750-1826 江戸時代中期-後期の武士。
寛延3年10月5日生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。徒士頭,馬廻頭,大番頭などを歴任。7代藩主徳川治紀(はるとし),8代藩主斉修(なりのぶ)の守り役をつとめる。「富岳遊記富兵真図」「魯西亜漂民紀聞」をあらわした。文政9年8月20日死去。77歳。名は維景。字(あざな)は祺甫。通称は弥衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android