コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山守皇子 おおやまもりのおうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大山守皇子 おおやまもりのおうじ

記・紀にみえる応神天皇の第1皇子。
太子にたてられず,山川林野の管理職につけられたのをうらみ,応神天皇の死後,太子の菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)を殺して皇位をうばおうとした。計画は大鷦鷯尊(おおさざきのみこと)(仁徳天皇)に察知され,太子の計略により菟道(うじ)(宇治)川におとされて死んだ。「古事記」では大山守命(みこと)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android