コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山守皇子 おおやまもりのおうじ

1件 の用語解説(大山守皇子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大山守皇子 おおやまもりのおうじ

記・紀にみえる応神天皇の第1皇子。
太子にたてられず,山川林野の管理職につけられたのをうらみ,応神天皇の死後,太子の菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)を殺して皇位をうばおうとした。計画は大鷦鷯尊(おおさざきのみこと)(仁徳天皇)に察知され,太子の計略により菟道(うじ)(宇治)川におとされて死んだ。「古事記」では大山守命(みこと)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大山守皇子の関連キーワード弟姫糸媛高城入姫額田大中彦皇子根鳥皇子隼別皇子宮主宅媛稚野毛二派皇子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone