大島 正健(読み)オオシマ マサタケ

20世紀日本人名事典の解説

大島 正健
オオシマ マサタケ

明治〜昭和期の言語学者,教育家 同志社教授;札幌農学校教授。



生年
安政6年7月15日(1859年)

没年
昭和13(1938)年3月11日

出生地
相模国高座郡海老名村(現・神奈川県)

学歴〔年〕
札幌農学校(現・北海道大学)〔明治13年〕卒

学位〔年〕
文学博士〔昭和3年〕

経歴
東京英語学校を経て、明治9年札幌農学校第1期生として入学。同校の教頭を務めていたW.C.クラーク博士の影響によりキリスト教徒となる。13年卒業と同時に母校に勤務し、19年教授。傍ら、1期下の内村鑑三らと札幌基督教会を創設、牧師を務めた。26年同志社大学教授に転じ、のち各地の中学校長を歴任。キリスト教に基づく全人教育を施したクラークの精神を説き、教育界に影響を与えた。また言語学、中国古韻学の大家として知られ、「韻鏡」の研究に携わり、その字音を明らかにすることに努めた。著書に国語音韻の地方的分布について考察した「音韻漫録」、「支那古韻史」「漢音呉音の研究」「国語の語根と其分類」などの他、「クラーク先生とその弟子たち」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

大島 正健 (おおしま まさたけ)

生年月日:1859年7月15日
明治時代-昭和時代の教育者;牧師。文学博士;同志社大学教授
1938年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android