コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大島如雲 オオシマジョウン

デジタル大辞泉の解説

おおしま‐じょうん〔おほしま‐〕【大島如雲】

[1858~1940]鋳金(ちゅうきん)家。江戸の生まれ。本名、勝次郎。東京美術学校教授。精緻な蝋型(ろうがた)技法で知られる。代表作に「濡獅子図額」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大島如雲 おおしま-じょうん

1858-1940 明治-昭和時代前期の鋳金家。
安政5年2月12日生まれ。父大島高次郎に鋳造技法をまなび,精巧な蝋型鋳造を得意とした。明治14年の内国勧業博覧会に「竜神」を出品。33年パリ万国博覧会に出品した「稲穂群雀」で金賞受賞。23年から昭和7年まで東京美術学校(現東京芸大)でおしえた。昭和15年1月4日死去。83歳。江戸出身。本名は勝次郎。別号に一乗軒。代表作に「濡獅子図額」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおしまじょうん【大島如雲】

1858~1940) 鋳金作家。江戸生まれ。蠟型鋳造法に長じ、精緻な作品を残す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大島如雲の関連キーワード香取秀真