コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大島泰雄 おおしま やすお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大島泰雄 おおしま-やすお

1908-1994 昭和時代の水産学者。
明治41年1月1日生まれ。武田泰淳(たいじゅん)の兄。昭和25年東大教授となり,退官後,香川大教授。日本栽培漁業協会常務理事,海洋科学技術審議会委員,日本水産学会会長などを歴任。人工魚礁,魚介種苗育成の研究を通じて,「つくり育てる漁業」を推しすすめた。平成6年1月23日死去。86歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「人工魚礁」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大島泰雄の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android