コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大嶽秀夫 おおたけ ひでお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大嶽秀夫 おおたけ-ひでお

1943- 昭和後期-平成時代の政治学者。
昭和18年10月28日生まれ。54年「現代日本の政治権力経済権力」により第1回サントリー学芸賞。60年東北大教授,平成4年母校京大の教授。現代日本政治の現状分析を専攻。岐阜県出身。著作はほかに「再軍備ナショナリズム」「戦後日本のイデオロギー対立」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大嶽秀夫の関連キーワードレジスタンス文学太平洋戦争マキノ雅広ロン=ティボー国際音楽コンクール第2次世界大戦育英制度木下恵介呉昌征サン・テグジュペリザ・バンド

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大嶽秀夫の関連情報