大工職(読み)だいくしき

大辞林 第三版の解説

だいくしき【大工職】

中世の寺社で、建築や細工などの手工業に従事する技術者たちを指揮監督する地位・権限。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だいく‐しき【大工職】

〘名〙 中世、大工職人の営業独占権、あるいは親方として番匠などの人をとりしきる権利。大寺社などに専属してその造営作業にあたった。棟梁職。
※大徳寺文書‐永享八年(1436)一二月二五日・大工為国置文「大徳寺大工職之事、為国一朝之後者、任根本之例、貞宗仁所去渡実也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android