コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

番匠(読み)ばんしょう(英語表記)fan-jiang; fan-chiang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

番匠
ばんしょう
fan-jiang; fan-chiang

中国,唐代,中央官庁で使役される工匠をいう。番は交代勤務を意味する。『新唐書』百官志によると,少府監 (宮廷,官庁用器物製作所) に短番 5029人,将作監 (国営土木建築庁) に短番匠1万 2744人がいたと伝える。これら官に使われる工匠は,州県農民から強壮で技能のある者を選定し,毎年一定期間を定めて首都などへ上番勤務させた。明代の輪班匠も同様な性質のもの。

番匠
ばんしょう

大工の古名。律令制時代,朝廷に交替で勤務していた飛騨工 (ひだのたくみ) を番匠といったが,鎌倉室町時代になって,おもに建築職人をさすようになり,番匠大工とも呼ばれた。彼らは京都,奈良,鎌倉などの都市に居住し,大社寺に所属して座を組む者が多かった。江戸時代以降,一般に大工をさすようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ばんしょう【番匠】

ばんじょう【番匠】

〔「ばんしょう」とも〕
古代、大和やまと・飛驒ひだなどから交代で京に上り宮廷の営繕に従事した大工。
転じて、一般に大工をいう。 「京都より-を五百余人召下し/太平記 7

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

番匠
ばんしょう

中世の建築工匠。古代の木工(こだくみ)、近世の大工(だいく)にあたる。奈良時代に官営工房に勤務する工匠や雑役労働力を上番匠丁(じょうばんしょうちょう)と称したことに由来するが、古代の番匠は多様な分野の工匠の総称であり、1265年(文永2)の『若狭(わかさ)国惣田数(そうでんすう)帳』にみえる番匠が、木工に限定されるようになった早い用例である。番匠集団は大工(だいこう)、引頭(いんとう)、長(おさ)、連(つれ)の四階層によって作業組織を編成したため、指揮工を意味する大工の語も、中世から番匠の同義語として併用されており、近世には番匠にかわって大工が建築工匠の一般的な呼称となった。[浅香年木]
『大河直躬著『番匠』(『ものと人間の文化史5』所収・1971・法政大学出版局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の番匠の言及

【大工】より

… 平安時代から中世にかけて〈大工〉の意味はしだいに変化する。たとえば1208年(承元2)の興福寺北円堂造営では,番匠(ばんじよう)大工2人・引頭(いんどう)8人・長(おさ)20人・連(むらじ)11人,瓦葺き大工2人・引頭2人,瓦造大工1人,鍛冶長2人,鋳物師大工1人が参加しており,大工は番匠,瓦葺き,瓦造,鋳物師の統率者としての役名あるいは肩書となっている。構成は律令期の大工,少工,長上工,番上工とちがって大工,引頭,長,連となっており,大工はそれぞれの職種ごとにその長を示している。…

※「番匠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

番匠の関連情報