コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円通 エンズウ

6件 の用語解説(円通の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えん‐ずう〔ヱンヅウ〕【円通】

えんつう(円通)

えん‐つう〔ヱン‐〕【円通】

《「えんづう」とも》
《「周円融通」の略》仏語。智慧によって悟られた絶対の真理は、あまねくゆきわたり、その作用は自在であること。また、真理を悟る智慧の実践。
円通大士」の略。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円通 えんつう

1754-1834 江戸時代中期-後期の僧。
宝暦4年生まれ。日蓮宗,のち天台宗にうつって慧澄らにまなぶ。古代インドの暦法(梵(ぼん)暦)を研究。「仏国暦象編」などをあらわし,梵暦がすぐれていることを主張した。天保(てんぽう)5年9月4日死去。81歳。因幡(いなば)(鳥取県)出身。俗姓は山田。字(あざな)は珂月。号は無外子,普門。著作に「実験須弥界説」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

円通

没年:天保5.9.4(1834.10.6)
生年:宝暦4(1754)
江戸後期の天台宗の学僧。因幡国(鳥取県)に生まれ7歳で出家する。字は阿月。無外子,普門ほか多くの号を用いた。『天経或問』に始まる西洋天文学の知識の普及は,仏教徒の信奉する宇宙観とは相いれず,ひいては仏教信仰そのものまで否定されかねないとして,仏教界はその対応に苦慮した。円通は博学多識で西洋天文学にも通じ,仏教天文観の根源である須弥山説や,インドの暦法である梵暦の擁護運動の中心的な役割を担った。代表作『仏国暦象編』(全5冊)を初め『梵暦策進』『実験須弥界説』『応天暦』その他多くの著述があり,著名な弟子には環中,信暁,霊遊らがいる。

(内田正男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

えんずう【円通】

えんつう【円通】

〔「えんずう」とも〕
〘仏〙
真理があまねく行き渡っていること。
修行者や仏・菩薩の知慧がすべてに及んでいること。
〔「論語」は小編であるが闊達かつたつで世界を包含することから〕 「論語」の教え。儒教。円珠教。
○ 「円通大士」の略。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

円通の関連情報