コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円通 エンズウ

6件 の用語解説(円通の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えん‐ずう〔ヱンヅウ〕【円通】

えんつう(円通)

えん‐つう〔ヱン‐〕【円通】

《「えんづう」とも》
《「周円融通」の略》仏語。智慧によって悟られた絶対の真理は、あまねくゆきわたり、その作用は自在であること。また、真理を悟る智慧の実践。
円通大士」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円通 えんつう

1754-1834 江戸時代中期-後期の僧。
宝暦4年生まれ。日蓮宗,のち天台宗にうつって慧澄らにまなぶ。古代インドの暦法(梵(ぼん)暦)を研究。「仏国暦象編」などをあらわし,梵暦がすぐれていることを主張した。天保(てんぽう)5年9月4日死去。81歳。因幡(いなば)(鳥取県)出身。俗姓は山田。字(あざな)は珂月。号は無外子,普門。著作に「実験須弥界説」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

円通

没年:天保5.9.4(1834.10.6)
生年:宝暦4(1754)
江戸後期の天台宗の学僧。因幡国(鳥取県)に生まれ7歳で出家する。字は阿月。無外子,普門ほか多くの号を用いた。『天経或問』に始まる西洋天文学の知識の普及は,仏教徒の信奉する宇宙観とは相いれず,ひいては仏教信仰そのものまで否定されかねないとして,仏教界はその対応に苦慮した。円通は博学多識で西洋天文学にも通じ,仏教天文観の根源である須弥山説や,インドの暦法である梵暦の擁護運動の中心的な役割を担った。代表作『仏国暦象編』(全5冊)を初め『梵暦策進』『実験須弥界説』『応天暦』その他多くの著述があり,著名な弟子には環中,信暁,霊遊らがいる。

(内田正男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えんずう【円通】

えんつう【円通】

〔「えんずう」とも〕
〘仏〙
真理があまねく行き渡っていること。
修行者や仏・菩薩の知慧がすべてに及んでいること。
〔「論語」は小編であるが闊達かつたつで世界を包含することから〕 「論語」の教え。儒教。円珠教。
○ 「円通大士」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

円通の関連キーワード越溪敬長一舎利恩順百如慈芳普門円通六如慈周恭堂敬彦孝暢豪恕上人六祖因幡氏

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

円通の関連情報