コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大庭雪斎 おおば せっさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大庭雪斎 おおば-せっさい

1805-1873 江戸時代後期の蘭学者,医師。
文化2年生まれ。肥前佐賀藩士。島本良順,シーボルト,緒方洪庵にまなぶ。嘉永(かえい)4年同藩蘭学寮初代教導,安政5年好生館(もと医学寮)教導方頭取となった。明治6年3月28日死去。69歳。名は景徳。通称は忞。著訳書に「訳和蘭(オランダ)文語」「民間格致問答」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大庭雪斎の関連キーワードサッカー(フットボール)日本郵便制度史(年表)大不況鉄筋コンクリート構造ネルソン序曲ムハンマド・アリーホフマンコーンウォリスネルソン

今日のキーワード

共謀罪

ある特定の犯罪を行おうと具体的・現実的に合意することによって成立する犯罪。実際に犯罪を行わなくても、何らかの犯罪を共謀した段階で検挙・処罰することができる。米国や英国などでは設けられているが、日本の刑...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大庭雪斎の関連情報