大徳寺縁高(読み)だいとくじふちだか

食器・調理器具がわかる辞典「大徳寺縁高」の解説

だいとくじふちだか【大徳寺縁高】

縁高(ふちだか)一種茶の湯の点心や和食店、仕出し弁当などに用いるうつわで、箱形でふた付きのもの。松花堂縁高と比べるとが高く、仕切りがない。京都の大徳寺で用いたのでこの名がある。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android