縁高(読み)ふちだか

精選版 日本国語大辞典「縁高」の解説

ふち‐だか【縁高】

〘名〙 を高くした折敷(おしき)。足のついたものと、つかないものとがある。菓子などを盛るのに用いる。
※玉塵抄(1563)三四「斎の菓子を引に縁高に布施を一ケも二ケも紙につつんで入てひくぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

食器・調理器具がわかる辞典「縁高」の解説

ふちだか【縁高】

折敷(おしき)の縁を高くした容器。菓子や料理を盛る。茶の湯の点心や和食店、仕出し弁当などにはふたの付いた松花堂縁高大徳寺縁高が用いられる。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉「縁高」の解説

ふち‐だか【縁高】

《「縁高折敷おしき」の》縁を高く作った折敷。角形ので、菓子などを盛る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android