コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大慶直胤 たいけいなおたね

1件 の用語解説(大慶直胤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大慶直胤
たいけいなおたね

[生]文化2(1805).山形
[没]安政5(1858).5.7. 江戸
江戸時代末期の刀工。姓は藤原庄司,名は箕兵衛。もと鎌鍛冶であったが 24歳のとき鍛刀を志し,江戸で水心子正秀の門に入り,大慶直胤と号した。技量は師よりすぐれ,各地の伝統的鍛法をこなし,新新刀 (→新刀 ) 前期を代表する刀工の一人となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大慶直胤の関連キーワードネルソン序曲ムハンマド・アリーネルソンネルソン隠れキリシタン過疎現象と市区町村合併広瀬淡窓と咸宜園穴守稲荷内田五観

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone