コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大慶直胤 たいけいなおたね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大慶直胤
たいけいなおたね

[生]文化2(1805).山形
[没]安政5(1858).5.7. 江戸
江戸時代末期の刀工。姓は藤原庄司,名は箕兵衛。もと鎌鍛冶であったが 24歳のとき鍛刀を志し,江戸で水心子正秀の門に入り,大慶直胤と号した。技量は師よりすぐれ,各地の伝統的鍛法をこなし,新新刀 (→新刀 ) 前期を代表する刀工の一人となった。門下には次郎太郎直勝をはじめ名工が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大慶直胤の関連キーワード水心子正秀新新刀

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android