水心子正秀(読み)すいしんし まさひで

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水心子正秀
すいしんしまさひで
(1750―1825)

江戸中期の刀匠。出羽(でわ)国(山形県)赤湯の人で、武州下原鍛冶吉英(かじよしひで)に師事し、宅英(たくひで)、英国と銘した。1774年(安永3)秋元家に召し抱えられ、川部儀八郎正秀と改名、水心子と号した。初期には大乱刃(みだれば)、ついで津田助広写しの濤瀾(とうらん)刃など大坂新刀風であったが、のち国学の復興に伴う復古思想の勃興(ぼっこう)に影響され「日本刀はすべからく鎌倉・南北朝の古(いにしえ)に復すべし」とする復古新刀論を唱えた。賛同者も多く、やがて江戸に出てこれを実地に移し、1818年(文政1)名も天秀(あまひで)と改めた。門人の荘司大慶直胤(なおたね)は師の説を踏襲して、ことに備前(びぜん)伝に多くのみるべきものがある。[小笠原信夫]
『黒江二郎著『水心子正秀とその一門』(1979・雄山閣出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android